TOP > ブログ記事一覧 > ヘルスでの本番強要(=本強)の上手な断り方(2)

ヘルスでの本番強要(=本強)の上手な断り方(2)

【風俗出稼ぎトラブルと対策】
2015/10/08 00:40:19

ヘルスでの本番強要(=本強)の上手な断り方(2)

この記事は前回の続きです!
前回を読んでない方は下記リンクへ

>> ヘルスでの本番強要(=本強)の上手な断り方(1)へ

本番強要される前に回避する方法

お客様の系統と対応方法では本番強要をされた後の対応方法を説明しましたが、今回は本番強要自体を減らすための方法になります。
心理面を揺さぶりますので、少しハードルは高いですが本強回避以外でも実生活でも応用できますので覚えていて損はありませんよ♪

・女性思いで優しいということを意識させる
お客様からの気遣いを受けた際に、「女性思いなんですね!」「優しいですね!そういう人好きです」と言うだけで男性は本番強要しづらくなります。
気遣い以外にも、過去の話や恋愛体験を聞き出し、優しさが垣間見れたら、「○○さんって女の子思いだから、女の子の嫌がることは絶対しなさそうですね♪」と言ってみてください。

・主導権を取り、攻めを増やす
こちら側にその場を進行する主導権があれば、自然と女性側から攻めることが増えます。
ですので、なるべく主導権を意識して行動するようにしましょう。
ただ使いすぎると威圧的や生意気に移ったり、女性によってはキャラに合わない場合がありますので注意が必要です。
具体的に文章で説明するのが難しいので、気になる方はお問い合わせください。
例)
・弱々しい態度を取らない
・声をいつもより大きめに
・会話、行動で自分を少し大きく見せる
・あまり褒めない

・テクニックで補う
騎乗位素股などの男性側が故意に挿入できない状態を作り、早めにイッってもらいます。

極力使ってはいけない回答例

・2回目の来店で危うい言い訳はしない。
例えば、「次回指名してくれたら」「今日は体調が悪い」というような断り方をすると次回指名されたとき、前回の言い訳を盾に攻撃されてしまいます。
ですので、自分の首を絞める断り方よりも次回の来店でもうまくかわせる言い訳が良いでしょう。
ただ、キッパリ断らずにじらすやり方は有効な場合もあり、人気嬢の中にはじらしを駆使して指名を多く取っている方もいます。
慣れてきたら試してみるのもいいですが、ただ本番をする日は明確に決めず、曖昧にして先延ばし先延ばしする作戦が有効でしょう。
例)
男性「いつならいいの?」
女性「ん〜私が○○さんのこと大好きになったらかな♪」

・法律では禁止されているから
キッパリ断るときはいいですが、やんわりと断るときに法律がうんぬんと言われたら、その場の雰囲気は確実に壊れてしまいます。

・お客様の容姿や性格を貶める
容姿や性格への口撃は一番相手が傷つきますので、どんなに生理的に合わなくても絶対言わないようにしましょう。
下手すると逆上されたり、クレームになったりします。

回答例のテンプレート

始めの内は、下記の文言を返すだけでもだいぶ回避できると思いますので、できるだけ覚えておくことをオススメします。
慣れてきたら、いろいろ試して効果のある回答はメモしておくようにしましょう。

・全般的に使える →「お店からしてはダメって言われているけど、できない分○○さんに来てよかったと思われるようにサービスを頑張るね♪」

・「本番できなかったのはじめて」→「んじゃ今日が初めての記念日だけ♪」

・色営業している指名客に本番強要されたら →「お店を辞めたらね♪」

・「みんなやってるよ」「前の子はやらしてくれたよ」→ 「私は好きな人しかやらないよ」「私は他の子とは違うよ」

・「ちょっとだけ!先っぽだけ!3秒ですぐ抜くから」→「ちょっとだけで終われる人は絶対いないよ!」

・「挿れていい?」→「挿れるより気持ちいいことしよ♪」

・「今度指名するから」→「ずっと指名してくれたら好きになっちゃうかも・・・。そしたらね!」

・「いつならいいの?」→「ん〜私が○○さんのこと大好きになったらかな♪」

・「お金あげるから」→「お金より私は○○さんのこといっぱい攻めたいな♪」

・お客様の攻め中に「挿れたくなったでしょ?」→「○○さんの攻めはすごくよかったけど、お店でダメって言われているから変わりに私が気持ちしてあげるね♪」

・しつこい本番強要 → プレイを一旦ストップして「お店に電話します」

最後に

ここまで説明したことは基本的な対策ですが、それでもしつこく口説いてくるお客様もいらっしゃいます。
そういった場合は、一旦プレイをストップしてキッパリ断りましょう。
それでもしつこくサービスができない状態ならお店に電話して、スタッフに来てもらいましょう。
ここで躊躇うと、風俗ができないどころか男性恐怖症になってしまう可能性もあります。

またソープならヘルスより高い給与が貰えて本番強要はないと思われるかもしれませんが、ヘルスでお客様に押されて本番をしてしまう方は、ソープなら生でしてしまう危険があります。
ですのでこの際に上手な断り方をマスターしましょう!

出稼ぎに関するご相談・ご質問はLINEお問い合わせからお願いします

出稼ぎの教科書 公式LINEアカウント

【LINE ID】hello9977

【LINE QR】
出稼ぎの教科書公式LINE QR
(スマホの方は、上記のQRをクリックすれば友達追加ページに移ります)

この記事の前後の記事

ヘルスでの本番強要(=本強)の上手な断り方(1)

風俗業界の閑散期は、実は稼げる時期!?

PAGE
TOP