TOP > ブログ記事一覧 > 覚えておきたいキャバクラの給与体系のメリット・デメリット

覚えておきたいキャバクラの給与体系のメリット・デメリット

【その他】
2016/02/23 16:20:08

覚えておきたいキャバクラの給与体系のメリット・デメリット

今回は出稼ぎとは関係ないですがキャバクラの給与体系について説明します。
下記を見てそれぞれどの給与体系に自分がマッチしているかを考えて自分に合ってる店を選びましょう。 またキャバクラに働いていてもシステムが分からない方もいらっしゃると思いますので、今一度見直してみてください(^ー^)ノ

ポイントスライド制
・特徴

時給スライド制の一種で、お店によって決められた期間内(1ヶ月間や2週間など)の本指名・場内指名・同伴・延長の回数をポイントに換算し、その合計ポイント数で時給が変動するシステムです。
中にはドリンクポイント・出勤ポイントがあるお店もあります。
例えば、指名、同伴は5ポイント、延長30分は3ポイントが与えられ、ポイントが一定数溜まる(10ポイントなど)と時給がアップするという仕組みです。
主に客単価の低めのリーズナブルな店舗で多く見られるシステムです。

・メリット、デメリット

メリットは、売り上げに対するプレッシャーが少ないですので、初めてキャバクラで働く方や昼職または学生と兼業の方にも向いていることです。
デメリットは、勤務中に稼げるポイントには限界があるので劇的に時給を上げるのが難しいことです。またキャストへの還元率はお店によって変わりますが20%〜40%ほどでそこまでよくはありません。

・どういう方に向いているか

ポイントスライド制の特徴は、売り上げではなく確実に指名されること、延長されることです。 よって売り上げは少ないけど、本指名・場内指名・同伴・延長のどれかが突出して強いキャストには有利な給与体系になっています。
例えば、売上より指名が確実に取れる方細客ばかりだけど指名客が多い方に向いているシステムです。

・時給を上げるコツ

売上よりもどれだけ指名を多く取れるかが時給UPのコツです。
ですので自分を本指名してくれるお客様を多くつかむことと1度に大金を使わせるのではなく、コンスタントに通ってもらえるかが大切です。
※売上額によって別途ポイントが付与されるお店では売上も大事です。

売上スライド制
・特徴

時給スライド制の一種で、本指名・場内指名・同伴・延長の数ではなく、お店によって決められた期間内(1ヶ月間や2週間など)の本指名のお客様が使った合計金額(合計売上額)に応じて時給が変動するシステムです。
例えば、売上0~9.9万円で時給3000円、10~14.9万円で3400円の時給になるとすると、決められた期間の合計売上額が13万だった場合、時給は3400円で計算されます。

・メリット、デメリット

メリットは、指名客が少なくてもしっかり売上を上げられるキャストさんなら高い時給が貰えることです。
高い時給が貰える要因として、キャストへの還元率はお店によって変わりますが40%〜60%ほどと高めで、キャストのモチベーションを保ちやすくしていることも考えられます。また店内で自分が担当したお客様が使ったお金(売上)に応じて給料が算出されるシステムなので分かりやすいことも魅力的です。
デメリットは、本指名のお客様に細客しかいなければそこまで給料UPが望めないことです。また一度に大金を使っていただくには高い接客レベルが必要になってきます。

・どういう方に向いているか

ポインストスライド制に比べて天井はありませんので、もうすでに売上がありキャバ嬢として自信のある方に向いていますし、客数が少なくても太客ばかりのキャストさんだとポインストスライド制より稼げます。

・時給を上げるコツ

指名数よりも、いかに売上を上げるかが時給UPのコツです。
ですのでお客様の数より、一度の来店で大金を使ってくれるような太客をつかまえることが大切です。

給率制
・特徴

時給スライド制の一種で、お店によって決められた期間内(1ヶ月間や2週間など)の本指名の売上に対し、キャスト自身のお給料の割合がどのくらいかで計算し、時給が変動するシステムです。
また給料と売上の割合を出すので、黒字キャスト赤字キャストかが一目瞭然になる厳しいシステムでもあります。
給率制の計算方法は『給料支給予定額/売上×100』で、値が小さいほど『仕事の出来るキャスト』ということです。
給率100%を超えたら、自分の売上を自分の給料で補っていないので赤字キャストと呼ばれ、マイナス査定が入ったりします。
逆に給率70%を下回ってくると優秀で、50%以下になると最優秀です。
だいたい給率80%が基準となっているところが多く、80%以下の場合時給UPさせ、逆に給率が100%以上の場合、時給をダウンさせるお店が多いです。

・メリット、デメリット

メリットは、給率制のお店は時給とは別に売上バックがつくお店がほとんどですので時給以外でも稼げます。
デメリットは、厳しいシステムのため赤字キャストの場合、ペナルティーが課せられたりバックが削られたりします。

・どういう方に向いているか

自分の給料は自分でしっかり稼ぐためのシステムのため、しっかり売上を上げられる専業キャバ嬢さんに向いています。
または保証期間でしっかりお客様をつかまえて、今後キャバ嬢として成り上りたい方にオススメです。

・時給を上げるコツ

しっかりと本指名のお客様に来て貰い、売上を保つ必要性がありますので、指名してくれているお客様に対して営業は欠かさずしましょう。既存のお客様を保ちつつ新規のお客様をいかにつかむかが時給UPのコツです。

完全売上制
・特徴

本指名のお客様が使った金額の40〜60%をお給料としてもらえるシステムです。
時給などの基本給がないのが一般的で完全出来高制の給与体系です。

・メリット、デメリット

メリットは、単純明快な給与体系で他のシステムとは違い自分の稼ぎが一発でわかります。また還元率が高めのため、たくさんの太客がいるナンバークラスのキャストさんにとっては一番稼げるシステムと言われています。
デメリットは、本指名のお客様からの売上が0の場合、給料も0になります。

・どういう方に向いているか

完全売上制を採用しているお店でも、全員が完全売上制になっていることはありません。
太客をたくさんつかんで売上が伸び人気になってきたキャストさんが、時給スライド制や給率制から完全売上制に移行することが殆どです。
感覚的には高級店で最低でもトップ5に入らないと稼げないシステムですので、お店のナンバーに入ってきたらお店に相談してみましょう。

・売上を上げるコツ

完全売上制で給料を貰っているキャストさんは、キャバ嬢としてプロフェッショナルなので、普段の接客はもちろん同伴・アフターもしっかりこなし、お店以外での連絡や営業もマメにしています。
また多くのお客様を抱えていますので、しっかりと顧客管理していくことが売上につながるコツです。

永久保証制
・特徴

永久的に入店時の時給が保証されるシステムです。
このシステムのお店に入店したいと考える方もいると思いますが、基本となる給与体系が永久保証制のお店はほとんどございません。永久保証制は特別待遇で入店した場合に採用される場合がほとんどだからです。
例えば、ちょっとした有名人、他キャストにはない華やかさを持っているなど特別な理由が必要です。ちょっと変わった理由では、とある店の超人気嬢が辞める際に、お店が永久保証で引き留めたことが過去にありました。殿堂入りみたいな感じですね。

・メリット、デメリット

メリットは、なんといっても売上0でも永久的に保証時給が約束されていることです。また永久保証を希望するキャストさんは売上に対して執着がない場合が多いですので、お店もあまり期待していませんのでプレッシャーも少ないです。
では何で永久保証制にするのかは、売上0でもお店にいてくれるだけでお店の価値を上げてくれるからです。
デメリットは、証時給以上の稼ぎがあった場合は保証時給以上の給料が貰えない点です。

・どういう方に向いているか

他のキャストにはないもの(ルックス、華やかさ)があると特別に永久保証にしてくれることがあります。 自信のある方はいくつか面接で永久保証の旨を伝えてみるといいでしょう。

最後に

今回、代表的な5つの給与体系を説明しましたが、現実は上記5つだけではなく、お店によってもっと細分化していたり、何個かのシステムの中から選択できたりと多種多様です。

例えば、ポイントと売上の給与体系を併せ持つお店、ポイントスライド・売上スライド・給率から女の子に選択してもらうお店、自動的に支給額が高い給与を支払いっているお店など、お店によってカラーが全く違います。

ですので、同じシステムのお店でも両者のシステムをよく見比べてみるとそれぞれの違いを発見できると思います。
しかし、上記5つの給与体系が基本となっていますので5つが分かっていれば、だいたいのお店のシステムは理解できると思いますので参考にしてください!

給与体系やキャバクラ移籍のご相談も随時受け付けていますのでお気軽に♩

出稼ぎに関するご相談・ご質問はLINEお問い合わせからお願いします

出稼ぎの教科書 公式LINEアカウント

【LINE ID】hello9977

【LINE QR】
出稼ぎの教科書公式LINE QR
(スマホの方は、上記のQRをクリックすれば友達追加ページに移ります)

この記事の前後の記事

【2016年版】役に立つ身分証明書の作り方まとめ

2月度 風俗出稼ぎ実績

PAGE
TOP